新年の1曲目くらいは

どうしてもタンゴの歌詞は、悲しみをひけらかすところがあるので、せめて新年の1曲目くらいはと思って、探してみました。

すると、このCincuenta escalonesが目につきました。まあ、たわいない話ですがハッピーな男性の話ですので…。

直訳すると50段でしょうが、何か落ち着かないので、重箱読みみたいですが五十段の階段としました。

五十の階段にすると、段数ではなく階段の数みたいにも読めるので…ま、お気に触ったら、正月のお屠蘇の所為とお許しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください