ご無沙汰しました

とうとう年の暮れが迫って来ました。あれこれと書くこともあったのですが、老年性の怠惰さで今日になってしまいました。

今日書く気になったのは、現在のアルゼンチンの現況が、とてもひどいことになっていることを知ったからです。

テレビによれば、インフレの悪化で、警察官や病院職員が賃上げ要求のストライキに入り、全土のあちこちの州や町で、治安が悪くなり、暴動や略奪が起きていると言うのです。

小生がアルゼンチンに行った時も、インフレの最中でしたが、そんな気配は無かったのに、どうなっているのと驚きました

テレビなので、部分しか強調されていないとは思うのですが、心配です。ま、わが国の民情も、昔とは違って来たので、驚くべき犯罪が多発していますが、現代の相似の病かもしれませんね。

タンゴを聴いて、気持ちを落ち着けることにします。それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください