今時フランケンシュタインとは

昨日は、フランケンシュタインが登場しました。1818年女流作家メアリーー・シェリーが書いた小説が、約200年近く経ってタンゴに登場したことになります。(もっとも、以前にあったかどうかは調べていいないのだが)

20世紀末には「切り裂きジャック」という、19世紀末にイギリスを騒がせた犯罪者の名前のタンゴもできました。これは丁度100年経った時点での発表でした。(中庭には未掲載)

世紀末的現象の中から現れたのかもしれないが、見まわしてみると社会も結構物騒になってきています。怪物たちが生れる土壌が出来ているのかもしれないと思うと、残念でもあります。

それで、御口直しに、今朝は(29日を31日と同じ扱いで載せた)ミゲル・カロ楽団のある意味で絶好調だった頃のタンゴを載せて置いた。

よろしく。

今時フランケンシュタインとは」への2件のフィードバック

  1. 始めまして,ボヘミオです。
    エルチョクロに出てくる言葉”carancanfanfa”は
    アラバル言葉でダンゴダンスを非常に巧みな
    足さばきで踊る輩の代名詞だとtodotangoの中
    で解説されています。

    • ありがとうございます。
      カランカンフンファについては、既にEl choclo-bの説明欄と、辞書のCの部に、ゴベジョの説として、記載してあります。

      小生が、目下はっきりしないのは、カランカンフンとあるものについてです。例えばLa calesitaなどに登場する語ですが、語尾の違いの意味することがはっきりしないのです。
      なにか、御承知でしたら、お教えください。
      これからも、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください