辞書の改訂も

先日、コメントを頂いた方から、辞書を利用されているとありました。忸怩たるものがあります。

実は、改訂をしなくてはと思っているからです。このサイトを開いてから一度手を入れたことがありますが、その後、手入れをしないでいるからです。

最も、手を入れたくても、分らないことがあるからです。

例えば、El chocloのディセポロの歌詞、小生のサイトではEl choclo bになっていますが、

その中に、カランカンフンファという言葉があります。これは、El choclo-bの解説に書いてあるし、辞書にもあるので意味は省略します。

実は、この歌詞がリベルタ・ラマルケのリクエストで書かれた1946年に出来たと思っていたのですが、最近、1929年に、同じリベルタ・ラマルケが、似た言葉を歌っているのを見つけたのです。

それは、Rezongame en las orejas(私に文句があれば、耳に囁いて)(暫定訳)と言うタンゴで、カランカンフンと歌っているのです。

このフンとフンファの語尾の違いにどんな違いがあるのか、分らぬままに時間が過ぎています。

そんな単語が結構あるのです。ですから、改訂は遅々として進まずにいますが、悪しからず。いずれ改訂版にしますので。ではよろしく。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください